鶴ヶ島の家

Comment

高齢のご両親との二世帯住宅である。
高齢のご両親のための空間は平屋とし、子世帯の空間は2階建てとした。
両世帯の空間を明確に分けながらも、あえてひとつの大きな家のように造ることで、二世帯住宅と思われないデザインに仕上げ、双方のプライバシーを確保しながらも両者を確認しあえるものとした。
子世帯のリビングは天井高約6mの大断面の空間を構成して、明るく解放的なスペースとなった。