ペットと快適に暮らすための
間取りやスペースのアイデア集
ペットも家族の一員。人とペットが生活を共にする家づくりには、お互いがストレスを抱えずに暮らすための工夫が必要です。
人もペットもその家で目覚め、その家で眠りにつきます。
それぞれに生活パターンがあり、ライフステージの変化も考慮しておくことが大切です
このページでは、人とペットが快適に過ごせる家づくりのアイデアをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

CONTENTS
玄関 -Entrance-

  • 犬と暮らすときの玄関の工夫
  • 猫と暮らすときの玄関の工夫
  • 階段 -Stairs-

  • 犬と暮らすときの階段・床材の工夫
  • 猫と暮らすときの階段・床材の工夫
  • キッチン -Kitchen-

  • 犬と暮らすときのキッチンの工夫
  • 猫と暮らすときのキッチンの工夫
  • リビング -Living-

  • 犬と暮らすときの室内の工夫
  • 猫と暮らすときの室内の工夫
  • Entrance玄関
    玄関は家の顔、
    訪れる人にも思いやりを
    ペットと暮らすときはそこに住む家族だけではなく、来客時のことも配慮しておくといいでしょう。
    すべてのお客様が動物好きとは限りませんし、アレルギーがある可能性も考えられます。
    脱走や飛び掛かりを防止するためにもペットフェンスを取り付けることはおすすめです。
    ペットと快適に暮らすためはお客様への思いやりも大切ですね。
    犬と暮らすときの玄関の工夫
    外で駆け回ることが大好きな犬にとって、散歩は毎日の楽しみ。
    犬と暮らす場合、散歩が毎日の日課になることを踏まえると、玄関にはお散歩グッズの置き場があると便利です。
    リードやハーネス、排泄物を持ち帰る袋や水分補給用のお水など種類がありますので、専用の置き場にまとめておくことで散らからず、散歩の前に慌てることもなくりますよね。
    また、散歩からの帰宅後、足や体を拭くことができるようなスペースがあると室内に汚れを持ち込まないので掃除の負担が減ります。
    玄関も汚したくない場合は、玄関ポーチ脇に足洗い場を設置すれば玄関内の清潔が保てるのでおすすめです。
    猫と暮らすときの玄関の工夫
    完全室内飼いの猫を外に連れ出すときはキャリーケースに入れることが多いので安心ですが、好奇心旺盛な猫は玄関扉を開けたとたん脱走することがあります。
    完全室内飼いの猫が脱走すると迷子になり、自力では帰って来れないことも。
    脱走により思わぬ事故に巻き込まれてしまうこともありますので、玄関扉付近にはペットフェンスや内扉を設置することが大切な家族を守ることに繋がります。
    合同会社Y.Tデザインオフィスでは、
    動物本来の習性に合わせたアイデアをご提案します。
    ペットフェンスや内扉のリノベーションは、ぜひ弊社にお任せください。

    Stairs階段
    階段の段差や床材は、
    体に負担のかからないやさしい構造を
    家の中でもっとも体に負担がかかる場所は階段です。
    ペットをはじめ子どもからお年寄り、足腰が弱い人にとって安全な階段は、段差を低くしたり、コルクなど柔らかい素材や滑りにくい材質を使用することで負担が軽くなります。
    犬と暮らすときの階段・床材の工夫
    外で駆け回ることが大好きな犬にとって、散歩は毎日の楽しみ。
    犬と暮らす場合、散歩が毎日の日課になることを踏まえると、玄関にはお散歩グッズの置き場があると便利です。
    リードやハーネス、排泄物を持ち帰る袋や水分補給用のお水など種類がありますので、専用の置き場にまとめておくことで散らからず、散歩の前に慌てることもなくりますよね。
    また、散歩からの帰宅後、足や体を拭くことができるようなスペースがあると室内に汚れを持ち込まないので掃除の負担が減ります。
    玄関も汚したくない場合は、玄関ポーチ脇に足洗い場を設置すれば玄関内の清潔が保てるのでおすすめです。
    猫と暮らすときの階段・床材の工夫
    完全室内飼いの猫を外に連れ出すときはキャリーケースに入れることが多いので安心ですが、好奇心旺盛な猫は玄関扉を開けたとたん脱走することがあります。
    完全室内飼いの猫が脱走すると迷子になり、自力では帰って来れないことも。
    脱走により思わぬ事故に巻き込まれてしまうこともありますので、玄関扉付近にはペットフェンスや内扉を設置することが大切な家族を守ることに繋がります。
    合同会社Y.Tデザインオフィスは
    家族構成やペットのライフステージを考慮したプランをご提供します。
    お気軽にご相談ください。

    Kitchenキッチン
    ペットには危険がいっぱいのキッチンには
    できるだけ侵入させない工夫を
    飼い主が仕事に出ている間、ペットはお留守番。
    ペットは飼い主がいないとき、想定外の行動を取ることがあります。
    安全面や衛生面を考慮するのであれば、キッチンは独立型にすることが望ましいです。
    犬と暮らすときのキッチンの工夫
    犬は食べ物に執着する性質を持っていることから、食べ物が置いてあるキッチンは興味津々。しかし、キッチンには犬が口に入れてしまうと危険な物もたくさんあります。
    独立型キッチンが難しい場合は、躾がしやすい犬の習性を活かす方法もひとつです。
    ペットフェンスを設け「ここから先は入ってはいけない場所」と教えることでキッチンへの侵入を防ぐことが可能でしょう。
    ただし、そこに食べ物が置いてあれば何としてでも食べようとする犬もいることから、危険な物は開けることができない扉や引き出しつきの収納を設けたりして、人がいない時間も安全に暮らせるように工夫しましょう。
    猫と暮らすときのキッチンの工夫
    猫は高い所に行く目的があると、場所問わず上って行ってしまいます。
    独立型キッチンが難しい場合はペットフェンス取り付ければ侵入を防ぐことができそうですが、猫にとって簡易なペットフェンスをすり抜けることはいとも簡単。
    猫と暮らす場合、キッチンには扉をつけることが理想的です。
    また、置いてあるものを口にするという心配が少ない猫でも、好奇心から手を出したりすることがあるので侵入を防ぐ、あるいは危険な物を収納するスペースを設置することが安全で安心です。
    今あるキッチンに扉をつけたい、
    独立型キッチンにリフォームしたいなど検討されている方は
    合同会社Y.Tデザインオフィスにご相談ください。

    Livingリビング
    ペットもくつろげるリビングの工夫
    室内飼いのペットは家族と一緒にリビングでリラックスすることも多いのですが、自分だけの空間を与えてあげることも共存していくための配慮です。
    犬と暮らすときの室内の工夫
    人と一緒に戯れているのが大好きな犬でも、自分だけでゆっくりできる空間は必要です。
    階段の下や収納スペースの一角に専用のくつろぎの場所を作ってあげましょう。
    室内で動き回るための導線やトイレ、食事台なども予め設置しておくと統一感のある室内になります。
    猫と暮らすときの室内の工夫
    猫は高い所を好む習性があり、上下運動を必要とします。
    猫が健康的に過ごしていくためにはキャットウォークやキャットステップを設置することが運動不足が解消されおすすめです。
    特別なキャットステップではなくても、1階から2階に繋がる壁に段違いの棚を取り付けるだけで、キャットステップになります。
    猫は自由きままな生き物なので、各所にペットドアを取り付ければ室内を思いのままに回遊できストレス解消にも役立ちます。
    また、猫には爪を研ぐ習性があり、気に入ると壁でも柱でも爪を研いでしまうので、壁紙は爪とぎには適さないタイプのものを選びましょう。
    爪とぎ専用の柱などがあってもいいですね。
    外を眺めたり日向ぼっこができる場所、トイレは静かで人目が気にならない場所、猫が好む狭い空間など、猫と暮らす家づくりは猫のテリトリーやパーソナルスペースを考えることが大切です。
    人気が高いキャットウォークやキャットステップの設計は
    合同会社Y.Tデザインオフィスにお任せください。

    まとめ
  • ペットと快適に暮らすために
    押さえておくべきこと
    人とペットが共に暮らす家づくりに必要なことは、双方が快適な毎日を送れるということ。
    それぞれのプライバシーを守る空間、換気の問題や室温などさまざまことに配慮しなければなりません。
    人生のパートナーとも言えるペットの特性や習性を加味した間取りや機能面が重要であるとともに、デザイン面も充実させ人もペットも健やかに穏やかに暮らしていける家づくりを考えましょう。

    合同会社Y.Tデザインオフィスは、その家に暮らす人の気持ちになって設計します。
    これまで培ってきた経験とアイデアを駆使し、ひとつひとつに拘り、丁寧に、理想を実現させます。
    家づくりやリノベーション・リフォームについてはいつでもお気軽にご相談ください。